FC2ブログ

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
ALS(筋萎縮性側索硬化症)
な人々を支援する唯の通りすがり人

「ALS患者にいつも愛と支えを:
Always、Love、 and Support
for all ALS patients」

ALSとは・・・


ブログ内検索


カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


饅頭こわい

お昼から急にガクッと食欲が落ちた。
夕食もバナナ1つでいいかなってレベル。

猛暑の夏をありったけの知識(といってもたかが知れてる)を総動員して乗り切ってやろう、
特に食事には気をつけてもいたんだけど・・・夏バテ!?

何が足りないのか、どんなビタミン等が足りなかったのか考えていたら、
もしかして、身体じゃなくて精神、そう
ワ、ラ、イ、わ、ら、い。笑い!

試してみる。

アハハ、ガハハ。

なんて単純な男なんだ!


夏バテ終了!!






じゃがいもこわい

「じゃがいもこわい!」なんて一度もいったことないんだけど・・・
今夏、知人が自前の畑で作ったジャガイモが約100個ほど届いた。

肉じゃがとポテトサラダを交互に作り続け、
今日、ようやくあと10個まで消費し終えたところ。

これだけ連日ジャガイモを食べていると流石にも~うんざり、
ジャガイモなんか見たくもない、
なんて感じにもなるのかと思っていたんだけど、
これが不思議、まったく飽きないどころか、いつのまにか大好物に・・・新発見!



今度はマツタケ届かないかな・・・

お散歩 2

先週の山形でみさおさんと、
「来週福島の郡山来れる?」
「行きます、場所は?」
「労働福祉会館」なんて会話があって、
そこで何があるのかも知らず、とりあえず出かけることに。


到着してみると、
おおっ!日本ALS協会福島県支部会議を発見。結局
独立行政法人福祉医療機構「長寿・子育て・障害者基金」助成事業
医療ケアを要する難病患者セミナーでした。

我が宮城県支部は近年ガラパゴス化が顕著で、
独自の進化を遂げつつあるのでこの様な集まりに結果として参加出来たのは、
どこか得した気分。


内容は事例検討が主でしたが、問題点や解決策を探るだけではなく、
更に多くの事例を集め少しでもそこにある本質や普遍に近づくアプローチも出てくると益々興味深いのではないかと参加者のご意見などを聞きながら勝ってに感じた次第です。


そもそもは、お散歩と言いながらも
このセミナーの企画者でもあった協会理事の平岡さんと、
お会いするのが目的だった訳で、セミナー終了後
二人でしばし話し込んだのですが、情報の共有・共通の認識を得る事もでき、
まずは郡山まで来た甲斐もあったのかな。




PS:この日も早朝に10キロほどrunしてからの福島往復。
あまり疲労も感じていないので、CHOCOっとは体力もついてきた感じ。


お知らせ 28

日本ALS協会宮城県支部総会 ご案内


日時:平成22年9月18日(土) 13時半~16時(予定)
場所:宮城大学大和キャンパス 本部棟 1F ラウンジ
(〒981-3298 宮城県黒川郡大和町学苑1番:( 県立図書館隣り )

議案
平成21年度 活動報告
会計報告
平成22年度 活動計画
予算案について

その他
「ALS治療研究の最前線」(仮題)青木正志先生(東北大学神経内科)
新製品“痰の自動吸引装置”について  新カニューレについて(株)高研
音楽会 "めだかの兄妹“による歌と演奏
患者家族交流会
※尚、会場の都合により、ご出席いただける方は(お問い合わせも)下記事務局宛にご連絡を頂きますようお願いいたします。

宮城県支部 事務局 吉岡 孝  Eメール taka.aki1824@jcom.home.ne.jp



猛食

9月にはいって虫の鳴き声も本格化で厚みが出てきた。

とはいってもまだまだ残暑・猛暑な日々。

それでも、こちらの胃袋はすでに食欲の秋に向けて臨戦態勢完了!

今朝も凄かった!
それもまだ朝食の3トップ(卵・鮭・納豆)が、足並みを揃えていないのにである!

早めに猛食対策を講じねばなるまい。



いよいよ来た!

麗夏

7月になってから植え付けをしたトマト。

9月に入ってようやくつぼみが・・・。

名前は麗夏と言います。

もちろん品種名ですけど・・・。



よしっ!!

東京マラソン2011へのエントリー終了。

今回も参加定員を突破したため抽選!

前回はあえなく落選しただけに今度こそ・・・・。

でも、
当・落どちらにしてもとにかく走り続けるぞ!


«  | HOME |  ▲ page top