FC2ブログ

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
ALS(筋萎縮性側索硬化症)
な人々を支援する唯の通りすがり人

「ALS患者にいつも愛と支えを:
Always、Love、 and Support
for all ALS patients」

ALSとは・・・


ブログ内検索


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


おしらせ 8

ALSとコミュニケーション
― ALSの想いとどける技術支援ボランティア募集 ―

主 催: 日本ALS協会宮城県支部
協 力: 宮城県肢体不自由児協会
日 時: 平成19年11月22日(木) 13:00~16:00
会 場: 仙台市青年文化センター エッグホール(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5)

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)は神経難病の一つです。全身の運動機能が低下し、呼吸機能や通常の仕方でのコミュニケーション機能などが次第に失われていく進行性の疾患です。コミュニケーション機能は生命体基本機能の一つであるという観点から、コミュニケーション機能の低下を工学的技術を利用して補完し、可能な限りコミュニケーションの維持を図るための努力が求められます。ALS療養者自身が自らのコミュニケーション障害をどう考えているかをお話しし、併せて、ALS療養者のコミュニケーションを技術的に支援する訪問支援ボランティアを募るための集いを開催します。関心のある方のご参加をお願い致します。

【 集いの内容 】
★ 集いの趣旨: 支部事務局長
★ ALS療養者の講演発表
渡邊 春樹
千葉 淑子
後藤 忠治
★ ALS療養者/療養者家族の寄稿発表
小野寺利昭/小野寺洋子 他
★ コミュニケーション技術支援の現況: 技術支援担当者
★ ボランティア応募の呼び掛け: 支部長


【 コミュニケーション技術支援ボランティア募集について 】
 神経難病療養者、特にALS療養者のコミュニケーションを技術的に支援する訪問支援ボランティアを募集します。訪問支援先は主として在宅療養者で、地域としては仙台市を中心とする宮城県全般にわたります。通常、訪問支援は平日或いは休日の日中に行われますが、時として突発的に発生する支援要請に対処する必要もあります。技術支援作業には、簡単な電子工作技術や初等的なパソコンOS操作能力が必要です。
 関心のある方のご協力をお願い致します。この集いでの話しをお聞きになり、技術支援ボランティアとして協力してもいいと考えて下さった方は、下記支部事務局 吉岡 孝まで、電話/FAXまたはメールでご連絡下さい。
◆ 募集人員
・訪問支援者:1名 平日の日中でも訪問支援作業が可能なボランティアを希望します。
・補助支援者:数名 訪問支援者の相談協力者です。リハ・セラピスト、或いは工学技術者のご協力を希望します。
◆ 応募終了: 11月30日(金)
◆ 研修:必要な場合には、技術支援研修、及び訪問支援研修を行うことも可能です。

なお、神経難病やALSという疾患についての詳細は下記のウェブサイトをご参照下さい。
ALS協会宮城県支部: http://www.miyagi-jalsa.net/
日本ALS協会: http://www.alsjapan.org/
コムイネーブル: http://www.ne.jp/asahi/miyagi/comenable/

ALS協会宮城県支部
支部長 和川次男 022-378-5626 tsugio-hatsumi@agate.plala.or.jp
連絡先:事務局 吉岡 孝 022-377-2598 taka.aki1824@ma.mni.ne.jp
技術支援担当 坂爪新一 070-5094-4036 s-sakatsume@miyagi.email.ne.jp

スポンサーサイト



 | HOME |  ▲ page top