FC2ブログ

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
ALS(筋萎縮性側索硬化症)
な人々を支援する唯の通りすがり人

「ALS患者にいつも愛と支えを:
Always、Love、 and Support
for all ALS patients」

ALSとは・・・


ブログ内検索


カレンダー

09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


憂鬱といえば・・・

今日は午後から支部の役員会が開催される。
最近どーにも出席するのが憂鬱で仕方がない。


憂鬱といえば・・・
このブログの記事も最近ではほとんどが
下書き保存の山になりつつある。
シックリこないのだ。

ま、来月、来月。
月も変わればツキも変われ!
スポンサーサイト



おしらせ 8

ALSとコミュニケーション
― ALSの想いとどける技術支援ボランティア募集 ―

主 催: 日本ALS協会宮城県支部
協 力: 宮城県肢体不自由児協会
日 時: 平成19年11月22日(木) 13:00~16:00
会 場: 仙台市青年文化センター エッグホール(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5)

 ALS(筋萎縮性側索硬化症)は神経難病の一つです。全身の運動機能が低下し、呼吸機能や通常の仕方でのコミュニケーション機能などが次第に失われていく進行性の疾患です。コミュニケーション機能は生命体基本機能の一つであるという観点から、コミュニケーション機能の低下を工学的技術を利用して補完し、可能な限りコミュニケーションの維持を図るための努力が求められます。ALS療養者自身が自らのコミュニケーション障害をどう考えているかをお話しし、併せて、ALS療養者のコミュニケーションを技術的に支援する訪問支援ボランティアを募るための集いを開催します。関心のある方のご参加をお願い致します。

【 集いの内容 】
★ 集いの趣旨: 支部事務局長
★ ALS療養者の講演発表
渡邊 春樹
千葉 淑子
後藤 忠治
★ ALS療養者/療養者家族の寄稿発表
小野寺利昭/小野寺洋子 他
★ コミュニケーション技術支援の現況: 技術支援担当者
★ ボランティア応募の呼び掛け: 支部長


【 コミュニケーション技術支援ボランティア募集について 】
 神経難病療養者、特にALS療養者のコミュニケーションを技術的に支援する訪問支援ボランティアを募集します。訪問支援先は主として在宅療養者で、地域としては仙台市を中心とする宮城県全般にわたります。通常、訪問支援は平日或いは休日の日中に行われますが、時として突発的に発生する支援要請に対処する必要もあります。技術支援作業には、簡単な電子工作技術や初等的なパソコンOS操作能力が必要です。
 関心のある方のご協力をお願い致します。この集いでの話しをお聞きになり、技術支援ボランティアとして協力してもいいと考えて下さった方は、下記支部事務局 吉岡 孝まで、電話/FAXまたはメールでご連絡下さい。
◆ 募集人員
・訪問支援者:1名 平日の日中でも訪問支援作業が可能なボランティアを希望します。
・補助支援者:数名 訪問支援者の相談協力者です。リハ・セラピスト、或いは工学技術者のご協力を希望します。
◆ 応募終了: 11月30日(金)
◆ 研修:必要な場合には、技術支援研修、及び訪問支援研修を行うことも可能です。

なお、神経難病やALSという疾患についての詳細は下記のウェブサイトをご参照下さい。
ALS協会宮城県支部: http://www.miyagi-jalsa.net/
日本ALS協会: http://www.alsjapan.org/
コムイネーブル: http://www.ne.jp/asahi/miyagi/comenable/

ALS協会宮城県支部
支部長 和川次男 022-378-5626 tsugio-hatsumi@agate.plala.or.jp
連絡先:事務局 吉岡 孝 022-377-2598 taka.aki1824@ma.mni.ne.jp
技術支援担当 坂爪新一 070-5094-4036 s-sakatsume@miyagi.email.ne.jp

10月7日(日)

胸、腰、両足を骨折し、
3ヶ月前から入院している友人が、
この連休に一時退院するので、
酒でも飲もうということになった。

2時間で焼酎を2本ほど空け、
友人宅からどのようにして
帰宅したのかは憶えていないのだが、
久しぶりに12時前に床につき、
たっぷり6時間も睡眠がとれて、
爽快な朝を迎えることができた。

なかなか出来そうで出来ない、
12時前の就寝。

普通だ!とか
当然だ!とか
云っていることが、
結構 難しかったり、
結構 幸せなんだと、
ふと思ったりして・・・。


二日酔いも後悔もしない のどかな日曜日。



きょうの散歩道 

京都駅

自転車で烏丸通を走っていると、
左手に東本願寺が現れてくる。
五条通・四条通を横切り烏丸御池の交差点、
信号待ちをしている頃には、
薄らと額に汗を掻きはじめていた。


京都駅近くのホテルにチェックインしたのは、
北区紫野にお住いのALSな人、
甲谷さん宅に伺う約束の1時間前。
当初はタクシーを利用するつもりでいたのだが、
5K強の距離だとホテルのフロントで聞いた途端、
自転車を借り初秋の京都を肌で感じながら、
向かうことに決めたのだ。

京都御苑を右手に眺め、
今出川から西へと向かい、
千本通で再び北上する。

(ここまでは順調。)
(そう、約束の時間には丁度着くハズ、完璧だ!)

千本通から中柏野町に入ったところで、
細い路地の迷路にスッカリはまってしまう!
携帯片手に「アレが見える、コレが見える」などと、
自転車を漕ぎながら叫ぶこと1時間弱。
(事前に用意していた地図の中、目印にしていたお店が無くなっていた為 甲谷さん宅の周囲数100メートルをグルグル回っていた)

寺之内通まで出迎えに出てくれていた、
立命館大学院OBのKさん・京都新聞O記者に、
結局見つけ出してもらったのだが、
その頃にはすっかり、
スーツも背負っていた鞄の中の日本酒も、
そして僕もクタクタ状態で、
お2人には「まさか、自転車で来るとは・・・・」と、
呆れ顔で苦笑いをされてしまった。(再会を喜ぶハズが・・・)

路地裏に響く機織の音、
道を尋ねるたびのチョッとした世間ばなし。(京都弁は良いですね)
皆さんには気を揉ませてしまったのだが、
冷や汗交じりの大量の汗は、
いかにも僕らしい、
初秋の京都の味い方になった。
 | HOME |  ▲ page top