FC2ブログ

プロフィール

hiroshi

Author:hiroshi
ALS(筋萎縮性側索硬化症)
な人々を支援する唯の通りすがり人

「ALS患者にいつも愛と支えを:
Always、Love、 and Support
for all ALS patients」

ALSとは・・・


ブログ内検索


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


東京マラソン2012 平成24年2月26日(日) 抽選結果


「抽選結果(落選)のお知らせ 受付番号:275***
このたびは東京マラソン2012にエントリーいただき、誠にありがとうございました。
定員を超えるお申込みがあり厳正なる抽選を行いましたところ、
誠に残念ながら今回はご意向に沿えない結果となりました。」


うっ。落ちた!



そういえばこの連休、
ERシーズンⅡ通しで観たんだけど、
早口で専門用語ばっかしで・・・
ストレス溜まった。

吹き替えでもう一度観直すか?

スポンサーサイト



東日本大震災   災害ボランティア  7日目

本日の東松島市の災害ボランティア活動は、
雨天の為、午後の活動は中止。そして明日の午前・午後の活動も中止。

という訳で、早々と帰宅。


201104211004000.jpg





2週間の予定で神戸からやって来た芳賀さん。
今日が最終日。お疲れ様でした。

芳賀さんとは、
僕が最初に行った現場で同じチームだったご縁と、
二人とも仕事を休んでのボランティア活動だった事もあってか、
なんとなく親近感を覚え、
毎朝 チョコッとお喋りする仲に。

最後は丁度僕が同時に2組の作業報告を聞きながら
書類を書いて、あたふたしていた事もあってか、
少し遠くから「また会いましょう!」と声をかけてくれた。
僕も「お疲れ様です。またどこかで・・・」と
短い別れの儀式。



運営スタッフも現場で作業する人々も、
短い期間を全力で駆け抜けて行く。
それはどこか
駅伝のタスキを繋ぐのに似ているようにも思える。


復興と云う言葉はいつ終わりを告げるのかまだ誰にも判らないけれど、
こうやって、支援者達も駅伝のタスキを繋ぐが如く、
多くの人々が全力疾走で駆け抜けていけば、
必ずや復興というゴールにたどり着けるんじゃないのかなぁ。


東日本大震災   災害ボランティア  6日目

おはよう!東松島市。



東松島市災害ボランティアセンターで、
仕事をお休みしてのボランティア活動も
はや6日。

そもそも
「全国から仕事を休んで被災地に入っている
ボランティアの方々が沢山いる」
そんな報道を目にして、

「僕も・・・」
と始めてみたんだけど、
朝晩1時間半の車通勤はチョッときつい(押さえ切れなかった感情の代償か)(笑)


そのうえ、
今まで主力で活躍していた
学生ボランティアも学校の再開で、次々辞めていく中
運営スタッフも人材不足で、
さて、困ったもんだ・・・・。


おっと!
そろそろ今日も行かなきゃ。


Day 31 東日本大震災  地震酔い?

おはよう! 宮城県。




大地震(3・11)が起きて2日ほど車中で夜を過ごした。
3日目にしてようやく布団で横になれたんだけど、
脳が揺れている感じがして中々寝付けなかった。

後日調べてみたら「地震酔い」
というらしい。


J-castニュースによると、
「地震酔い」は「後揺れ症候群」と呼ばれるもので、例えば、船に乗った後に陸に上がると自分の体が揺れているように感じるのに似ている。
人間の脳には「速度蓄積機構」というシステムがあり、自分が直前に体験した加速度や回転の情報を蓄えている。個人差はあるが、直前のそうした情報が残っているため起きる
大震災のショックで、多くの人は揺れに対するストレスを溜めている。ストレスに対抗するためホルモンが分泌されるものの、このホルモンは耳に良い方向には働かない。こうしたことによって目まいなどの症状を訴える人が増えているのではないか」

なのだそうだが、僕が説得力があると思ったのが、
脳科学の専門家 東北大の大隅先生のコメント。

地震でもないのに揺れているようなめまいやふらつきなどを感じる「地震酔い」に悩む人が増えている。車酔いや船酔いと同じように、視覚情報と平衡感覚とのズレが原因だ。ストレスも一因といい、専門家は「不安を和らげることが大切」と呼びかける。(asahi.com記事3/18)
と説明されているが、必ずしもそれだけではないと思う。
というのは、目をつぶって寝ていても揺れを感じるのだ。
たぶん、身体の筋肉が無意識で動いているのが、普段ならノイズとしてキャンセルされているのに、過敏になっていて「揺れ」として感知されてしまっているような気がする。
自分で思うだけで「リラックス」できたらいいのだが、それはなかなか難しい。





ということで・・・
201103281918000.jpg



Day 30  東日本大震災 

おはよう! 宮城野区。
この1ヶ月で2度の震度6強を経験した僕の住む街、宮城野区。オハヨウ!


3・11。激しい揺れが収まりドアを開け外に飛び出すと、
ビルの外壁が剥がれ落ちただけではなく、
色そのものが剥がれ落ちた街が目に飛び込んできた。

直感的にそれは、
デジタルの世界からアナログの世界へと突き落とされた!
事を理解するには十分だった。



あれから少しずつ街には明かりが灯され、
色づき始めた矢先、再び(4/7 M7.1)
街は色を失った。


この数日。
電気→ガス→水道が、
再び徐々に復旧してきたように、、
どれだけ打ちのめされても、何度も打ちのめされても、
立ち上がり前へ進もうとする人々の振る舞いがある。

この1ヶ月。これ程までに人間という生き物が
力強いものだとは思ったことはない。


それでも、
今度こそ「自然を征服してやる」などとは考えないほうがいい。
今度こそ「いかに自然に寄り添えばよいのか」を本当に真剣に考える必要があるのだろう。



Earthquake。まさに実感な1ヶ月。





震災直後の蒲生地区

居心地のいいウモー♪

その日の最大瞬間風速を毎日綴ろうーをテーマに心機一転書き始めたんだけど
ここにきてモタモタしてきた。

言い訳なら沢山あるぞ。
気温が一気に下ったことで、昨年入院した時の胸の痛みが再発気味で、
気力が減退。でもこれじゃいかん!


そんな中、さすがにタオルケット一枚では厳しくなってきたので
羽毛布団を引っ張り出してきた。

ふわっとした適度な重さと暖かさが、
睡眠時間を大幅アップ。
これでは他の事に費やす時間が否応無く削られる。
1日を事業仕分けすればPCが先ず槍玉に上がる。
だからといって・・・

とにかく何とかpc開く時間作らなきゃ。
継続することで得られる貴重なお宝に触れてみたい。













くま

【NEXT ALS関連行事等】

・10月2日(土)、3日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 首都大学東京健康福祉学部

・11月7日(日)  NEC難病コミュニケーション支援講座
 船橋二和病院内

・11月7日(土)10:00~17:00 全国難病センター研究会 第14回研究大会(東京)
 ファイザー株式会社本社 会議室

・11月27日(土)、28日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 石川県リハビリテーションセンター研修室 ALS協会石川県支部

・2011年3月21日(土)、22日(日) 全国難病センター研究会 第15回研究大会(岐阜)
  じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)

・2011年2月5日(土)、6日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 日本ALS協会山梨支部コミュニケーション支援部

・2011年5月21日(土)13時~ 日本ALS協会総会
 会場:新宿戸山サンライズ

・2011年7月16日(土)11時~ 支部代表者会議 
 会場:新宿戸山サンライズ


休日だから。。。

ここ数日間の嫌な事柄が短期記憶に澱のように沈殿しないよう朝のジョギングで・・・


いつもより胸を張って、
いつもより腕を強く振って、
いつもより歩幅を広げ、
加速度をあげる。

顎が上がってきてもスピードを緩めず乳酸が襲ってきても、

あと100m!、あと30m!って、
激しく走ってみた。



多少、効果あったかも。。。 なんでもやってみるもんだ。














【NEXT ALS関連行事等】


・9月25日(土)、26日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 北海道大学遠友学舎 NPO法人札幌チャレンジド

・10月2日(土)、3日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 首都大学東京健康福祉学部

・11月7日(日)  NEC難病コミュニケーション支援講座
 船橋二和病院内

・11月7日(土)10:00~17:00 全国難病センター研究会 第14回研究大会(東京)
 ファイザー株式会社本社 会議室

・11月27日(土)、28日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 石川県リハビリテーションセンター研修室 ALS協会石川県支部

・2011年3月21日(土)、22日(日) 全国難病センター研究会 第15回研究大会(岐阜)
  じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)

・2011年2月5日(土)、6日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 日本ALS協会山梨支部コミュニケーション支援部

・2011年5月21日(土)13時~ 日本ALS協会総会
 会場:新宿戸山サンライズ

・2011年7月16日(土)11時~ 支部代表者会議 
 会場:新宿戸山サンライズ




初体験!

夏から秋へ、
麦茶から珈琲へ襷がわたった。


さて、僕もようやく遅ればせながら初体験!



それは・・・
椅子から滑り落ち、後ろに仰け反るのではとさえ
期待に胸膨らませていた・・・・
アクションもの3ぢー映画。

眼鏡に3Dめがねを重ねて観たんだけど、
chocoっと慣れるまで時間がかかった。



悪役(モンスター?)って、
強ければ強いほど、悪ければ悪いほど、怖ければ怖いほど、
主人公(ヒロイン)に対する共感作用が働くんだけど、
更に時間の経過と共に益々悪役が、
強かったり、悪かったり、怖かったりすると、
ある種の悪役に対する共感作用さえ芽生えたりする事もある。


結局、3D映画とはいえ映画は映画。
やっぱり個々のキャラクターが確りと描ききれていないと、
特にシリーズものは上手に襷が渡らない。

なんて思いながら仰け反ることなくの初体験。


ただ、3D映画の未来は明るいかなとも思う。
今はまだ扉が開いたばかり、作り手も観客も肩に力が入り過ぎてる。
もう少し技術的にあとひとつふたつブレイクスルーでもあって、
肩から力が抜けてくると、映画を観るって事の中に、
椅子から滑り落ちたり、後ろに仰け反ったりする!も
含まれてくるんじゃないかなぁ。


それにしても
21世紀、凄え~!!!











【NEXT ALS関連行事等】

・9月18日(土) 午後10時00分~10時49分  NHK総合テレビ
 「パンドラの箱”を開けた男 ~山中伸弥・iPS細胞の未来~(仮)」

・9月25日(土)、26日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 北海道大学遠友学舎 NPO法人札幌チャレンジド

・10月2日(土)、3日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 首都大学東京 秋葉原サテライトキャンパス 首都大学東京健康福祉学部

・11月7日(日)  NEC難病コミュニケーション支援講座
 船橋二和病院内

・11月7日(土)10:00~17:00 全国難病センター研究会 第14回研究大会(東京)
 ファイザー株式会社本社 会議室

・11月27日(土)、28日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 石川県リハビリテーションセンター研修室 ALS協会石川県支部

・2011年3月21日(土)、22日(日) 全国難病センター研究会 第15回研究大会(岐阜)
  じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)

・2011年2月5日(土)、6日(日) NEC難病コミュニケーション支援講座
 日本ALS協会山梨支部コミュニケーション支援部

・2011年5月21日(土)13時~ 日本ALS協会総会
 会場:新宿戸山サンライズ

・2011年7月16日(土)11時~ 支部代表者会議 
 会場:新宿戸山サンライズ

じゃがいもこわい

「じゃがいもこわい!」なんて一度もいったことないんだけど・・・
今夏、知人が自前の畑で作ったジャガイモが約100個ほど届いた。

肉じゃがとポテトサラダを交互に作り続け、
今日、ようやくあと10個まで消費し終えたところ。

これだけ連日ジャガイモを食べていると流石にも~うんざり、
ジャガイモなんか見たくもない、
なんて感じにもなるのかと思っていたんだけど、
これが不思議、まったく飽きないどころか、いつのまにか大好物に・・・新発見!



今度はマツタケ届かないかな・・・

 | HOME |  » ▲ page top